困ったときに使いたいダイレクトメールの裏技

店舗や会社を経営していて、自社の商品やサービスを広く知ってもらいたい時には、ダイレクトメールはピッタリのサービスです。特に過去に資料請求などをして実際の商品購入やサービスを利用しなかった見込み客や、一度しか利用しなかった顧客にもう一度利用してもらうためにダイレクトメールを送ることは、予想以上に効果的です。また、定期的にダイレクトメールを送ることにより、忘れることなく定期的に商品を購入してもらえるきっかけにもなります。これはリピート率が向上して、売り上げに反映されることが見込まれ、顧客の口コミなどでより多くの顧客の獲得につながるチャンスです。商品が気に入っていても購入後使い切ってしばらく利用しない商品などは、忘れられていることも少なくありません。郵送によるダイレクトメールは、実際の手紙が届くので、直接写真を確かめることができ、安心して購入できます。

クーポンなどを利用して開封率をアップする

せっかくダイレクトメールを送っても、必ず開封してもらえるとは限りません。興味を引かないダイレクトメールは、開封せずに破棄するという可能性もあります。郵送の場合、送料がかかっているので、開封してもらえないダイレクトメールは無意味に近く、費用ばかりがかかります。開封率を上げるためには、クーポン付きや無料サンプル入りのダイレクトメールを送ってみましょう。サンプルは取り出して使っても開封率や反応率がわかりませんが、クーポンの場合、反応率が向上したのかが注文の際にわかります。クーポンを利用する場合は、封書の表書きや葉書にはっきりとクーポン付きなどと書かれていないと、気付かずに捨ててしまうかもしれません。目を引くデザインも有効です。適当に言葉を並べても、顧客の目には魅力的には映りません。

秘密が守られるパッケージで多くの情報を発信

郵送のダイレクトメールの種類は大きく分けるとハガキタイプ、圧着ハガキタイプ、封筒タイプがあります。情報量の少ないダイレクトメールで十分なら、ハガキタイプを選びましょう。ポストカードなど、イラストなどを使っているきれいなダイレクトメールは、視覚に訴え、覚えてもらえること間違いなしです。病気や症状などに効果的なサプリメントなどの内容を他人にはなるべく知られたくないと思う情報なら、圧着ハガキタイプや封筒タイプがお勧めです。特に封筒は情報を豊富に盛り込むことができます。商品やサービスなどを詳しく説明することもできるし、写真などを使って、顧客が購入して使用する時にも困らないぐらいの説明も可能です。自分の発信したい情報に応じてダイレクトメールを使い分けて効果的に利用しましょう。