便利なダイレクトメールのコツを教えます

一日に何通ものダイレクトメールが企業から届きます。郵便や運送会社からポストへ届く物あればFAXから届く場合もあります。電子メールも含まれます。ダイレクトメールは企業側から自社製品を更に宣伝する為の重要な広告ツールです。どこにいてもゆっくり見る事ができます。見込み客には商品を紹介し、リピーターには追加購入するメリットを紹介します。でも大量に届き過ぎると魅力を感じないものは開封もせずにゴミ箱へ捨ててしまう場合もありますので、封筒を開封したくなるように、自分に特別に送られたものだというような文言を入れるなど、デザインに工夫を凝らす事が必要になります。本文も読み易く、購入したくなるような付加価値のあるもの文章にします。一風変ったデザインも良いですが郵便メールの場合は圧着はがきなど、開く楽しみも加わり開封率も更に高くなるでしょう。

届いたら開封したくなるダイレクトメールとは

不特定多数に送られるポスティングとは違い、特定の対象者に送られるダイレクトメールは関心をひき易いものですが、購入を勧めるだけの文面だと思うと開封する必要がないと感じて、捨ててしまいます。代わり映えのない内容を想像し読むみたくなくなる人もいるかもしれません。企業が折角送付した広告が無駄になってしまいますので、開封する楽しみに工夫をしてみたら如何でしょうか?文面にも購入してもらえたらこんな特典が用意してあります、などのお得感を出したものにしてみるのも良いのではないでしょうか。FAXや電子メールも長々とただ文章が書いてあるものでは、破棄してしまいます。イラストやフォントなどを変更して文章にメリハリを出す事も必要でしょう。またダイレクトメールをはがきタイプにするなど目先を変える事もおすすめの手段になります。

ダイレクトメールの反響アップの例として

ダイレクトメールは送るだけでは終りません。更に集客効果を上げる為に、送付した後にフォローの電話をかけ。ダイレクトメールが読まれているかどうか様子を伺います。しつこく感じさせない程度に商品の良さをアピールする事も大切です。ダイレクトメールが読まれていたとしても、販売に結び付かないといけませんので、購入の意思がある方にはそのまま購入に導く事も出来るでしょう。一方購入の意思がない方には、今は必要じゃないからと思っている方もいます。フォローの電話で今後のダイレクトメールの必要・不必要を確認して、また別の提案をダイレクトメールでお送りします。取引が途切れないよう対象者の興味をもちそうな商品をダイレクトメールでお送りすることも必要になってきます。レスポンスを上げるために送った後のフォローをする事が大切です。