ダイレクトメールの効果について

誰もが1度はダイレクトメールを受け取ったことがあるのではないでしょうか。ダイレクトメールとは、購入の見込みがある顧客宛の、個別の広告です。新聞の折り込みチラシのような、ターゲットを特定しないものではありません。個人や法人宛に、直接送られてくるものです。はがき1枚からパンフレット、さらにカタログまで、いろいろな種類のものがあります。顧客はそれを見て、新規の商品を購入したり、または以前購入した商品を購入します。クーポンや割引券、サービス券などが付いている場合も多く、顧客の購買意欲を掻き立てるものです。化粧品などは、サンプル品が届くこともあるので、商品を確かめてから、気に入れば購入することができるので、とても便利です。1度利用したことのある店舗、会員登録をした店舗から送られてきます。

ダイレクトメールのメリットは何か

ダイレクトメールを受け取り、新商品を見たり、キャンペーンなどでお気に入りの商品がお買い得になっていないかを確かめることは、とても楽しいものです。店側は1度購入してくれた顧客をデータとして登録し、いろいろな案内をダイレクトメールにして送ります。新聞広告とは違い、ターゲットが絞られているのが特徴です。リピーターを増やすためには欠かせないアイテムと言えるでしょう。封筒やはがきの形式が多いですが、中にはメール便で届くようなものもあります。案内とともに、お試し品が入っている場合が多く、健康食品や化粧品などがその一例です。初めてのご注文限定、個数限定、期間限定など、購買意欲を掻き立てられる文言を利用して、顧客の定着や増員を目指します。中身を見たくなるようなデザインにも注目です。

ダイレクトメールのメリット、デメリットとは

ダイレクトメールは、受け取った側に、中身を見てみたいと思われることが大切です。そうでなければ、そのまま見られずに済んでしまうかもしれません。サンプル付き、このダイレクトメールを受け取られた方限定、などの見出しを付けて、中身を見てもらえる工夫が重要になってきます。色合いもきれいなものや、楽しいものが好まれます。デザインにも工夫をし、顧客が受け取ってうれしくなるようなダイレクトメールが理想です。しかしながら、ダイレクトメールにはデメリットもあります。コストがかかることです。制作費や発送費がかかります。ただし同じ内容の郵便を2000通以上、同時に発送する場合には、郵便局の認証を得ることで割引も適用されます。また、手間がかかるのもデメリットです。いかに売り上げを伸ばせるか、ダイレクトメールは重要な役割を担っています。