ダイレクトメールのメリットとデメリットを教えます

「ダイレクトメール」それは直接郵送広告と訳され一般的に「DM」と呼ばれるものです。企業が選んだ見込みのお客様に商品やサービスの内容を郵便物などで伝え販売の促進をねらう広告媒体で、選挙や公共のキャンペーンでも重要な手段になっています。小売店などでは過去に利用や購入したお客様宛に郵送やメール便などで届けられます。届けられるものの形態としてはハガキや大判封筒、パンフレットのようなものから雑誌や書籍といった幅広いボリューム感があります。マーケティングの理論により、時系列での展開やお客様との継続的な関係作りにとても良いとされています。まさにつかんだ獲物は逃がさないという顧客管理には欠かせないツールの一つがダイレクトメールなのです。では次にデメリットや注意点について紹介しましょう。

ダイレクトメールを活用する際の注意点

ではダイレクトメールの注意点について、いくつか紹介していきます。まずは発送する際の発送ミスについて、記載内容や発送日のミス、発送先を間違えてしまうなどのミスが考えられます。セールの開始日やキャンペーンの開始日を間違えて記載してしまった、セールの開始日より後に届いてしまった、などの発送日のミスはビジネスチャンスを逃してしまうことになるので注意が必要です。また、発送先を間違えるということは非常に危険なことで、本来届くはずであった顧客には届かず違うところに届いてしまうことで個人情報が流出してしまう可能性があります。それが発覚した際にも大きな信用問題にも発展してしまい、送る側、送られた側、間違って届いてしまった側の三者に影響を及ぼすことになりますので、ダイレクトメールの発送にはかなり気をつけましょう。

見てもらえそうなダイレクトメールの作り方とは

さて、ダイレクトメールとはなにか?や注意点が分かったところでダイレクトメールの内容についてふれていきます。ダイレクトメールを送る際には内容が一番重要なのです。ダイレクトメールを送るときにはきちんと計画をし、リストやオファー、タイミングやメール内容などの事業構造を管理し、正確な効果につながる手段として活用する必要があります。せっかく送ったダイレクトメールでもお客様の心を掴まなければ、ただの迷惑メール、迷惑広告になりかねません。まずは送る相手がどういう内容が好きなのかリサーチし、送ることが重要です。ダイレクトメールが有効な職種としては、イベントや展示会などを開催する業種や通販業界ですが、美容院やサロンなどもクーポンを付けて送ったりなど活用方法はさまざまですので挑戦してみてはいかがでしょう。