簡単なダイレクトメールの活用方法

ハガキや封書、カタログなどの小冊子で、新製品やイベントを知らせるための有効な手段のダイレクトメール。チラシや新聞の折り込みとは違い、個人や会社に直接送り届けることができるので、1度購入していただいた人や、年間〇万円以上購入していただいている人と言うように利用状況に合わせた配送をすることができるので、顧客に合わせた情報提供ができるのがメリットです。このことから新規顧客の獲得と言うよりは、見込み客へのアプローチやリピーターへ向けての情報提供に使われることが多いようです。ダイレクトメールにクーポンを付けるなどして、顧客の反応率を直接確認することもできるので、販売促進だけではなく企画や商品のプランニングに役立てることができるのもダイレクトメールの効果の一つだと言えます。

効果的なダイレクトメールを配送するために

効果的なダイレクトメールを配送するためには、まず顧客情報の収集が必要です。通販などを行っている企業では、販売時に氏名や住所などのお客様の情報を得ることができますが、来店型の企業では会員登録やアンケートなどで顧客の情報を集める必要があります。ポイントカードを発行したり、会員特典を付けるなどして、氏名や住所などダイレクトメールの配送に必要な情報を集めます。そして集まった情報を顧客の性別や年齢などの基本的なデータだけではなく、利用頻度や購入単価など利用状況に合わせて分類することも、ダイレクトメールの反応率を上げるためには欠かせません。ターゲットを絞り込み、適切なタイミングでダイレクトメールを配送することが、顧客の反応率を上げるためにもっとも重要なポイントだと言えます。

ダイレクトメールでリピート率を上げるために

ダイレクトメールには、ハガキ、封書、メール、FAXなど、さまざまな種類があります。ハガキの場合ローコストですが掲載できる情報量が少ないというように、それぞれにメリットデメリットがあります。コスト対効果を考慮し、ターゲットに合わせたものを選びましょう。ダイレクトメールの開封率を上げるために、通常よりも大きなサイズのハガキを使ったり、香りを付けたりと言う成功事例もあり、他のダイレクトメールに埋もれないようすることがポイントです。そして反応率を上げるためには、ターゲットに合わせて一番伝えたいことを決め、そのターゲット層に適したデザインや特典を考えることがポイントです。初回購入顧客に宛てたお礼のダイレクトメールにクーポンやサンプルを付けるなども、リピート率を上げるのに効果的です。せっかくコストをかけてダイレクトメールを配布するのですから、顧客の心をつかめるよう集めた情報を最大限活用しましょう。